<トップ頁へ>・<総合目次へ>

インフォマット年表

西暦2001年〜)

      更新日:2019.11.11                                          この頁の情報量:22KB (2019.11.11現在)

整備中



西暦1582年10月15日以降の月日に対応する曜日は、「インフォマット・グレゴリオ暦カレンダー(CD版)」に基づいて記載されている

西暦1873年 (明治6年) 1月1日以降に対応する曜日は、「インフォマット・カレンダー (CD版)」に基づいて記載されている


平成13年(2001年)以降の年表



このマークをクリックすると、「2000年(平成12年)」の頁/項へ戻ります。


A西暦2001(平成13)年
● 0120(土)ブッシュ氏が第43第米国大統領に就任。
● 0312(月)タリバンによるバーミヤン仏像破壊。
● 0331(土)ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがオープン
● 0904(火)東京ディズニーシーがオープン
● 0910(月)千葉県で狂牛病の牛が見つかる〔日本初の狂牛病〕
● 0911(火)米国で同時テロが多発。米国東部夏時間8:46頃(日本時間21:46頃) ニューヨークの世界貿易センタービル〔110階のツインタワービル〕 の北棟上層階にハイジャックされた旅客機が激突入・爆発し、火災が発生。20分ほど後の9:03頃(日本時間22:03頃)に別の旅客機が南棟上層階に突入し、火災が発生。南北両棟は突入/爆発時に受けた損傷と火災により崩壊〔南棟10:00頃、北棟10:29頃〕。ワシントン郊外にある国防総省にも飛行機が突入し、建物の一部が損壊し、火災が発生。ピッツバーグ郊外でも別の1機が墜落。いずれの場合もハイジャッカー達によるテロ行為である。
0917(月)ニューヨーク証券取引所が1週間ぶりに再開。平均株価の終値は$8920.70〔下げ幅:$684.81〕 。
● 0928(金)巨人軍の長島監督退任。
● 1007(日)米英がアフガスタンを攻撃。現地時間21:00頃(日本時間8日01:30頃、米国東部夏時間12:30頃)タリバン政権の軍事施設とテロ組織訓練施設をミサイル攻撃した。
● 1031(水) 日本の完全失業率5.4%(男性の場合5.8%)〔10末日現在の失業率 <11月末日発表>〕
● 1113(火)北部同盟軍がカブールを制圧
● 1119(月)未明 しし座流星群が最接近
● 1121(水)北海道で2頭目の狂牛病の牛が見つかる
● 1130(金)日本で3頭目の狂牛病の牛が見つかる。
● 1201(日)雅子さま、女児(内親王)を出産〔1207敬宮愛子(としのみやあいこ)と命名〕。
● 1210(月)名古屋大学の野依良治教授がノーベル化学賞を受賞。
1222(土)奄美大島沖で不審船を発見〔01:00頃〕。停戦命令を無視したため巡視船が威嚇射撃。不審船側から自動小銃や小型ロケット砲を発射したので巡視船側が応戦。不審船は沈没(自沈/自爆?)〔22:13頃〕。
● 《ノーベル賞100周年》


B西暦2002(平成14)年
●0127(日) 雪印食品の偽装牛肉事件が発覚。〔0201関西ミートセンターのみならず、全国的に波及の見通し。0202産地偽装を20年前から行っていたことも明るみに出た〕。
●0129(火)小泉首相が田中真紀子外相と野上義二事務次官を更迭。鈴木宗男衆議院議会運営委員長は辞任。〔0131後任の外相には川口順子元環境省大臣に決まる〕
●0511(土)日本で4頭目の狂牛病の牛が北海道で見つかる。
《日中国交正常化30周年》
●0603(月)香料メーカーの協和香料化学が無認可添加物を使用していたことが発覚。これに伴い、関連食品会社が無認可添加物入り製品の自主回収に着手。〔回収を開始し、新聞に謝罪広告を出した会社は3日と4日で21社以上となった〕。長年にわたって違法行為を行ってきたメーカーの責任は重大であるが、添加物に対する行政側の審査が甘いのでは?
●0709(火)アフリカ統一機構(OAU)が新組識「アフリカ連合(AU)」としてスタートした。
●0822(木)日本で5頭目の狂牛病の牛が神奈川県伊勢原市で見つかる〔0823厚生省確認〕。
0917(火)日朝首脳会談[ピョンヤン] 〔拉致問題:7+1名死亡、4+1名生存、該当なし1名を確認。〕
●1008(火)東大名誉教授小柴昌俊氏にノーベル物理学賞が授与さられることに決定。
●1010(木)島津製作所の研究員田中耕一氏にノーベル化学賞が贈られることに決定。
●1015(火)北朝鮮拉致被害者5名が24年ぶりに帰国〔一次帰国〕。
●1023(水)21時過ぎ(日本時間:24日午前2時過ぎ)チェチェン武装集団がモスクワの文化宮殿劇場を占拠し、約800人が人質となる。26日早朝 特殊ガス等を使用して人質を解放。28日現在の人質死亡者数:117
●1029(火)日朝国交正常化交渉[クアラルンプール(マレーシア)]〔1030(水)まで〕
1115(金)胡錦涛(こきんとう/Hu Jintao)国家副主席を総書記とする中国指導部が発足。
●1121(木)高円宮(憲仁親王殿下)さま急逝。
●1201(日)東北新幹線 森岡 − 八戸間が開通
●1219(木)松井秀喜 ヤンキースへの入団決定


C西暦2003(平成15)年
1219(日) 日本で6番目の狂牛病の牛が和歌山県で見つかる
1220(月) 横綱貴乃花が引退表明
0123(木) 日本で7頭目の狂牛病の牛が北海道で見つかる。
0129(水) 朝青龍が横綱に昇進〔初のモンゴル生まれの横綱誕生〕
0201(土) スペースシャトル「コロンビア」 、大気圏突入後、テキサス州上空を通過中に墜落〔米国山岳部時間23:00頃〕。乗組員7名全員が死亡
0204(火) 連合国家「セルビア・モンテネグロ」 の成立に伴い、「ユーゴスラビア」の国名消滅。
0320(木)米国と合同軍がイラクを攻撃〔日本時間20日10:35頃、現地イラク時間20日04:35頃、米国時間:19日20:35頃〕。
0527(火)サンクトペテルブルク建都300周年
●0601(日)主要国首脳会議(エビアン・サミット))
0913(土)出会い系サイト取締法施行
1006(月)日本で8頭目の狂牛病の牛が茨城県で確認された。
1015(水)09:00〔日本時間15日10:00〕中国が初の有人宇宙船「神舟5号」の打ち上げに成功。
16日06:23〔日本時間16日07:00〕「神舟5号」は地球を14周した後、内モンゴル自治区の中部に着陸。
1104(火)日本で9頭目の狂牛病の牛が広島県で確認された。
●1213(土)現地時間 20:30〔日本時間14日02:30〕 ティクリット近郊でサダム・フセイン元大統領の身柄を拘束
●1219(金)カダフィ大佐〔リビア〕が大量破壊兵器の即時無条件廃棄に応じることに同意。
●1220(土)政府04年度予算内示(財務省原案)によると、一般会計総額約82兆1千億円、約税収41兆7千億円、歳入約41兆円(50%)〔無駄な歳出を抑えても解決の目処は立たず、借金漬け財政は深刻の極みである〕
●1223(火)〔米国時間〕米国で狂牛病に感染の疑いがある牛が見つかる〔米国初のケース〕。日本政府は24日午前〔日本時間〕に米国からの牛肉の輸入停止を決めた。


K西暦2004(平成16)年
0103(土)現地時間 20:35〔日本時間4日13:35〕米航空宇宙局(NASA)の火星探査機(マーズローバー)「スピリット」が火星に着陸。
0105(月)中国衛生省と世界保健期間の発表によると、中国広東省で、今冬、初の新型肺炎(SARS)患者が確認された〔この男性はすでに退院したが、新たに若い女性が感染した疑いが持たれている〕。
0408(木)04:00〔日本時間8日09:00〕イラクの武装グループが日本人3人を人質として拘束。
0415(木)03:40〔日本時間15日08:40〕カタールのアラビア語衛星放送「アルジャジーラ」が日本人人質解放の速報を字幕で流す。
0522(土)小泉首相再訪朝。 拉致家族5名帰国。
0611(金) レーガン元米国大統領の国葬日[首都ワシントン(米国)]
●1001(金)〔日本時間2日(土)〕イチローが84年ぶりにMLB年間最多257本安打記録を破り、259本の最多記録を樹立。
1110(水)中国潜水艦が日本の国境を侵犯〔潜行したまま多良間島と石垣島の間を北上〕。
1226(日)08:00〔現地時間〕スマトラ沖でマグニチュード9.0の大地震発生〔地震と津波による死者は15万人以上〕。


F西暦2005(平成17)年
●0204(金)BSEが原因とされる日本で初の変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の疑いを持たれる患者が見つかる。患者は1989年に英国に滞在したことがある。 0325(金)-0925(日)愛知万博〔愛・地球博〕
●0610(金)米国で狂牛病に感染の疑いがある牛が見つかる 〔米国2番目のケース〕。
●0624(金)〔日本時間25日〕前記牛の狂牛病が確認され、2003年12月23日以来、2003年12月23日以来、 米国で2番目のケースとなった。
●0707(木)08:50頃〔日本時間16:50頃〕ロンドン中心部で同時多発テロが発生。


F西暦2005(平成17)年


@西暦2006(平成18)年
0705(水)日本時間: 北朝鮮が7発の弾道ミサイルを発射。いずれも日本海に着弾。
0824(木)現地時間:午後/日本時間:夜
プラハで開催されていた国際天文学連合(IAU)の総会に於いて惑星に関する新しい定義案が可決された。これに より、太陽系の惑星は「水金地火木土天海」の8個として冥王星は惑星から外されることになった。
0906(水)秋篠宮家に男児誕生〔0912 悠仁(ひさひと)と命名さる〕
0909(月)北朝鮮が地下核実験を行ったと発表
1201(金)〜1215(金)第15回アジア競技大会〔ドーハ(カタール)〕
1230(土)フセイン元イラク大統領の死刑執行さる。


A西暦2007(平成19)年



I西暦2008(平成20)年
0509(金)本日はロシアの第二次大戦勝記念日である。 メドベージェフ新政権の成立とともに、18年ぶりに赤の広場〔モスクワ〕で軍事パレードが盛大に行なわれた。


D西暦2009(平成21)年


E西暦2010(平成22)年
鈴木章氏と根岸英一氏がノーベル化学賞を受賞。


F西暦2011(平成23)年
0311(金) 14:46 三陸沖を震源とする M9.9の巨大地震(東日本大震災)が発生。これによる過去に例を見ない大津波が三陸地方から茨城県にかけての太平洋沿岸地帯に押し寄せ、福島原子力発電所を含めて同地方に甚大な被害をもたらした。


G西暦2012(平成24)年
0522(火)東京スカイツリー開業
.......................................................................................
634meter-highTokyo Skytree was opened on 22 May 2012.
日本語−多言語辞典参照
東京スカイツリー


B西暦2013(平成25)年



C西暦2014(平成26)年
0430 (水)
女王退位式と新国王即位式〔オランダ Netherlands〕          
※ベアトリックス女王の退位式
※ウィレム・アレキサンダー皇太子の新国王即位式
.................................................................
Queen Beatrix stepped down from the throne, and was succeeded by her son Willem-Alexander on April 30, 2014


D西暦2015(平成27)年


L西暦2016(平成28)年


@西暦2017(平成29)年


A西暦2018(平成30)年


A西暦2019(平成31)年1月〜4月
0401 (月) 
.............................................................................................................................
〔日本語 Japanese〕 2019年4月1日 (金) 日本政府は新元号の名前を「令和」とすると発表した。
〔英語 English〕 On April 1, 2019, the Japanese Government revealed the name of the new Imperial Era to be “Reiwa”
日本語−多言語辞典参照 Details】
元号 gengo、
.............................................................................................................................
0430 (火) 天皇退位、


B西暦2019(令和1)年5月〜12月
0501 (水) 皇太子が天皇に即位。
        【参照】
          「日本の祝日」 info03000
1031 (木) 首里城焼失
※那覇市の首里城から出荷し、玉座のあった正殿や北殿、南殿・番所が全焼したほか4棟に燃え広がった。
参照 Details】
首里城正殿 info22500
2019.10.31に焼失した首里城の焼失する前の写真が見られます


1110 (日).祝賀御列の儀 (天皇即位を祝うパレード)
参照 Details】
https://www.asahi.com/video/articles/ASMCB4VLRMC8UEHF005.html?iref=comtop_video_01
※ 〔リンク状態確認済 Linkage Checked/2019.11.11〕
※パレードの動画
※ホームページ「朝日新聞DIGITAL」
https://www.japantimes.co.jp/news/2019/11/10/national/emperor-empress-parade-enthronement/#.Xcij125uIb4
※ 〔リンク状態確認済 Linkage Checked/2019.11.11〕
※パレードの動画
※ホームページ「The Japan Times」




備考
※西暦年度の頭に付けてある○ 印内の数字はインフォマット・カレンダー を示す。

参照
「新聞社のURL集覧」 info40260


サイト内頁リンク
「インフォマット年表0001-2000」 info60000
「インフォマットのCDについて(暦関連)」 info02080
※CD版インフォマット・カレンダー
「オリンピック・開催年・開催地・会期一覧表」 info13100
「インフォマット年齢早見表2017-2027」 info06510




インフォマット・システムについて



平年とうるう年を含めて、曜日配置の異なる14種類[場合によっては15種類]のカレンダーで構成されるカレンダーと、 カレンダーNo.が記載されている各種の資料/データを連動させて使用する方法をインフォマット・システム称しますが、当システムは日本インフォマットが総力を結集して完成させた世界に通用するシステムです。システムの核となるインフォマット・カレンダーは多様な機能を備え、多目的に利用でき、日本は勿論のこと、内外で尤も最も便利に使えるファンクショナル・カレンダー(機能本位型のカレンダー)です。小冊子ながらも、長期保存に値する貴重な資料であり、高度な利用価値と、その有用性は、 100年先の未来においても決して変わることがありません。




下記の各項目をクリックすると該当する頁へ移ります。


トップ頁(ホームページ) TOP(HOMEPAGE)

総合目次 (情報関連総合目次) inetoc

資料関連総合目次 inetoc 2

国別情報(目次) info07000